本文へスキップ

「株式会社 米ハウス」は福島県会津坂下町を拠点として有機農法による米作り・伝統野菜作り・地鶏生産を行う農業生産法人です。

TEL. 0242-83-1101

〒969-6586 福島県河沼郡会津坂下町坂本糠塚乙1147

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

2014年11月29日
東京都 中目黒商店街において特選オーガニックソースの試食・販売を行います。
2014年11月23日
道の駅あいづにおいて特選オーガニックソースの試食・販売を行います。
2014年11月18日
サイトをオープンしました。

サポート情報(FAQ)

サービス関連

Q.有機栽培って何ですか?

A.有機栽培とは農産物を生産するときに、種まき時から収穫まで化学肥料や農薬を使わないで作物を育てる農法のことです。法律的には有機JASの認証を受けて初めて「有機農産物」と表記できます。ですので認証を受けないで「自称有機農産物」とは表示できません。有機JASにおいては使って良いとされる農薬のリストというものが存在し、実際に使っている有機の生産農家もいるようです。そのため有機無農薬という表記は消費者に混乱を招くという理由で使用が法律で禁止されています。しかしながら当社においてはお米はもちろんのこと、野菜の生産においても一切の化学農薬は使用せずに農産物の生産をしています。ちなみに有機JASの認証を取得するには過去3年以上農薬化学肥料を使用していない圃場でないと認証の取得ができません。

Q.地鶏って何ですか?

A.地鶏とはよく地域に根ざした鶏の品種のことと思われているようですが、正確には品種のことではなく鶏の飼育方法による鶏品質の違いのことを指します。分かりやすく言えば、どんな品種の鶏も地鶏飼育の基準に沿った飼育方法で飼えば、鶏肉や卵に地鶏と表示できます。逆に「〇〇地鶏」という品種の鶏を狭いゲージ等で飼育した場合は本当の意味での地鶏ではなくなります。

JAS法においては
「地鶏」とは
「在来種純系、または在来種を、雛生産の両親か片親に使ったもの鶏。飼育期間が80日以上であり、28日令以降は平飼い(鶏舎内、又は屋外において、鶏が床面(地面)を自由に運動できるようにして飼育)で1m2当たり10羽以下で飼育しなければならない。

と規定されています


Q.カミマルチとは何ですか?

A.カミマルチとは田圃や畑の除草対策を行うための再生紙で作られた被覆材(マルチ)のことです。草を押さえる時に使う紙で作られたマルチのことです。
一般的に田圃の除草対策は農薬(除草剤)を使って行われます。有機栽培の場合は「合鴨」を使ったり「転ばし」といわれる機械的な除草方法で行われるます。しかしながら合鴨の場合はその後の合鴨の処理が難しかったり、「転ばし」の場合は適期に除草作業をすることが難しいなど、大きな面積を栽培するには難しい現状がありました。カミマルチは田植え時に紙を敷きながら田植えを行い、その後適切な水管理をすることにより大面積でも有機栽培をすることが可能になります。



バナースペース

株式会社 米ハウス

〒969-6586
福島県河沼郡会津坂下町坂本糠塚乙1147

TEL 0242-83-1101
FAX 0242-83-3699